消化日記

好きな音楽・ドラマ・お笑い・本のことや日々思うことをここで消化しています。

warbear『鳥と熊と野兎と魚』ライブレポ

私が敬愛するGalileo Galileiのフロントマン、尾崎雄貴のソロプロジェクト「warbear」の初ライブを梅田シャングリラで観てきました。

 

f:id:yukally:20180131234325j:image

 

まずwarbearのライブについて書く前に、私とGGのことについて少し語っておきたいと思います。

 

GGは私が音楽を好きになったきっかけのバンドで、中学生のころからGGはいつも私の指標(めじるし的なもの)でした。それだけずっと好きで一番好きなのでライブレポは私の個人的な感情も入っていますが、できるだけGGやwarbearをあまり知らないという方にも読んでもらいたいと思ったので諸所に説明を入れたりしています!

最後まで読んでもらえると幸いです。

---------------------------------------------------------

 

 

BGMが鳴りやみ静寂に包まれたシャングリラに尾崎雄貴(以下ざき兄)と尾崎和樹(以下かずにゃん)が現れた。GGの最後のアルバムに収録されている『Sea and the darkness Ⅱ』のショートバージョンからスタートした。それだけで、warbearはGalileo Galileiでやってきたこと(主にSea and the darknessから)の延長線にあるんだということがわかって嬉しかった。今回かずにゃんはドラムではなくキーボードやいくつもボタンがある機材を触っていたりしていて、船の操縦士みたいだなあと思った。そして他のメンバー、Gtの岩井郁人(GGの初期メンバーでありもうすぐ活動休止をするFOLKSのフロントマン)・Drの中山賢一(かずにゃんの師匠)・Baの堀越武志を迎え1曲目に歌ったのは『車に乗って』。

 

この『車に乗って』という曲は、‟おもちゃの車”*1を降りて‟本物の車に乗って”新たに進んでいくということを示唆しているタイトルだと思うのだが、前向きなタイトル・明るめで壮大な曲の雰囲気に相対して歌詞はとても暗いものとなっている。

 

(※以下歌詞抜粋)

もうね だれも聴いてない

もう少しだけ

夢見させてくれよ

もうね 誰か聞いてよ

 

 ざき兄はインタビューで「今回のアルバムはより自分に近い音楽が生まれている」と言っていた。Sea and the darknessより前のGGの曲の歌詞は物語性があって、1曲1曲違う世界のお話を聴いているみたいだったんだけど(PORTALが一番それが色濃く出ていると思う)、今回は自分の内から出てくるものを勢いで書いていったという。その結果warbearの曲はざき兄がすごく好きだという‟歌詞はめちゃめちゃ暗いのに、音楽は明るい”ものになっている。

 

 

なぁ お前にはわかるだろ

なぁ お前だけには

ここにいてくれるだろう

 

ここに出てくるお前とは、音楽のことじゃないかなと思った。彼は自分に言い聞かせるように歌っている。「音楽だけは俺のことを分かってくれるだろう?音楽だけは側にいてくれるだろう?」と。(まあざき兄はお酒を常に飲みながら歌詞を書いていたそうなので、これは私の見解ですが)

 

 

薄暗い照明はざき兄が常に抱えているという‟孤独”を感じさせた。

 

続けて『墓場の蝶』を演奏した。墓場の蝶は私がwarbearのアルバムの中でもすごい好きな曲です。Sea and the darknessのWednesdayみたいな色っぽさや美しさがあるなあと思います。

 

「warbearです」と軽く挨拶をした後、『鳥と鳥』、『ゴースト』、『燃える森と氷河』とGGの曲を続けてやってくれた。GGでやっていた時とはまた聞こえ方が違って新鮮だった。

 

 

次に『わからないんだ』と『トレインは光へと向かう』。

『わからないんだ』というタイトルで歌詞も「僕ら一体どうしてわからないんだ」から始まるが決して暗くはなく、むしろハイテンポでわからないことに対してあっけらかんとしているような曲だ。

 

逆に『トレインは光へと向かう』の方がアンニュイになるような歌詞と曲になっていると思う。

 

 

ざき兄は曲が終わると必ず「ありがとう」と言い、次の曲にすぐ入る時もあれば、数秒の沈黙がある時もあった。緊張感みたいなものが漂っているのを感じたのか「ゆっくり聴いていってね」とざき兄が言った。

 

とにかく会場になにか張り詰めている感じがあった。それでなんとなくだけどこの張り詰めた、真剣な雰囲気から「ざき兄はwaebearを生涯かけてのプロジェクトにしようとしているのではないか」と思った。

 

  

後半になると照明は少し明るくなり、メンバーの顔が見えた。そしてざき兄もぽつぽつと喋るようになった。

 

warbearがツアーをやることに対しお客さんが来てくれるのか不安だったこと、そして

こんなにもお客さんが来てくれて嬉しい、ありがとうと感謝の意を述べていた。

 そして 

「warbearは僕の一生をかけてのプロジェクトにしたいと思っています」

 

とざき兄は言った。

 

次にやってくれたのは、『Lights』。

この曲はノリのいい軽快な曲で、サックスソロががっこいい。

‟僕は生きている ずっと闇の中にいるけど” というフレーズに相反してタイトルは‟光”。

 

今唯一warbearでPVになっている曲です。

 

youtu.be

 

 

 『掴めない』

この曲は昔のインディー・ロックの匂いがぷんぷんする。今回の作品は70年代の音楽にも深く影響を受けているそう。ギターソロのときにざき兄と岩井くんが顔を合わせて微笑みながらギターでハモっていたのが印象的だった。

 

MCの時にも「また岩井くんとバンドを一緒にやれると思ってなかったから引き受けてくれてすごい嬉しかった」と言っていた。

 

 

ステージの5人が立っている位置が微妙に前後になっていて、前列が岩井くん、ざき兄、かずにゃんだったから、ほぼ初期のガリレオじゃん!と思っていた。(初期のGGはライブで見たことなかったからそれが味わえたみたいでちょっと嬉しかった)

 

『ウォールフラワー』、『灰の下から』

 

全てが報われるまで

あと何歩か    

 (『灰の下から』より引用)

 

ライブも終わりが近づいてくる。

 

『1991』と『27』という、ざき兄の生まれた年、そして今の歳のタイトルの曲を歌った。

 

『1991』のイントロのピアノがとても綺麗だ。心臓の「ドクドクッ」というような音もこの世に生まれたばかりだということを想像させられる。

 

 

壊されても 恐れるな 失おう
終わらせろ このクソを
あぁこのクソを 恐れるな
孤独とは 酒を飲み
轍の中 もがくこと
そう孤独とは 同じ部屋で
同じ死を待つ 2人のよう

 

『27』の歌詞は、自分と葛藤しているようでもあるが同時に自分を受け入れている歌詞だと思う。

まあ歌詞を理解しようとしたらざき兄の考えてることは大体分かる。「僕は口下手なんで、言いたいことは全部歌詞に書いてあると思います」とざき兄はインタビューで言っていた。

 

 

そしてアンコールの1曲目に、ざき兄とかずにゃんで「チャンス・ザ・ラッパー」の『Same Drugs』をやってくれた。チャンスザラッパーの音楽に対する精神性が尊敬できる、似ているところがあるから、みたいな感じのことを言っていた。「あの薬はもうやらない 繰りかえ繰りかえさない~」みたいな訳の仕方だったと思う。ざき兄が歌を歌い、かずにゃんがピアノを弾く。

ざき兄とかずにゃんを見ていると、「ライト兄弟」や「ダファー兄弟(ストレンジャー・シングスを手がけている兄弟)」とかそういう偉業を成し遂げた兄弟が思い浮かんだ。

 

youtu.be

 

いい曲。好きすぎてイントロのところ歌えるまでには聴いてる。

 

ざき兄がカバーする洋楽は絶対に好きになっちゃう。YouTubeの「Daisuki Ouchi」というチャンネルでGGメンバーが洋楽カバーしたのたくさんあるので知らなかった方は是非覗いてみてください。

 

Same Drugsの余韻を残したまま、ざき兄が舞台袖の方に手招きをしてほかのメンバーを呼んできた。ライブのイントロでもやってくれた『sea and the darknessⅡ』を全部演奏して、warbearのライブは幕を閉じた。

 

 

自分の人生が作品となって、たくさんの人に聴かれ、自分が死んだあとも聴かれるとするとそれは表現者としてこれ以上ない最高なことだと思う。孤独と向かい合い、闘いながら(war)音楽を作っていくざき兄(bear)を今後とも応援していきたい。

 

 

 

セトリのプレイリスト作ったんでよかったらどうぞ!↓↓

https://itunes.apple.com/jp/playlist/warbear-1-25-梅田シャングリラ/pl.u-qxylEYlt2XRG2G2

------------------------------------------------------------

あとがき的なやつ

 

warbearの東京公演でサプライズで発表された「‟Bird Bear Hare and Fish”というバンドをざき兄と元GGメンバーでやる」というの、ほんとに嬉しい。

warbearのライブ見てて、やっぱりかずにゃんのドラムが聴きたいなあとか、さこぴーとはもうバンド一緒にしないのかなあ、でもゲームとか一緒にやってるって言ってたし仲いいんじゃないの…??とか考えてたから、また一緒にバンドやってくれてよかったー。

warbearのツアータイトルはそれの伏線だったのね。GGのメンバー(というかざき兄?)はサプライズが好きだよね〜。

 

HPも昔の海外のゲームみたいな感じでめっちゃいい。完全にメンバーの趣味だねこれは。

 

セトリの順番メモって無くて合ってるか不安だったけど、全公演セトリの順番一緒だったっぽくてよかった。

 

warbearもBird Bear Hare and Fishも生涯続けていくそうなので、これからも楽しみにしていきましょう!!最後まで読んでくれてありがとうございました!では!

 

warbear Official Website

Bird Bear Hare and Fish Official Website

  

*1:ざき兄はGGのことを「子供の時に大切に乗っていたおもちゃの車のようなものだったのかもしれません」とGGを終了させるときに言っている